一般社団法人日本経営人交友会  Japan Association of Management Fellowship

第85回モーニング・ビジネス塾 講師:ソーシャルカウンセリング研究所 代表 石合重利様(いしあい しげとし) 

Posted in: 未分類 Started by

第85回モーニング・ビジネス塾 講師:ソーシャルカウンセリング研究所 代表 石合重利様(いしあい しげとし) 

石合重利様
テーマ:『苦手なあの人と築く信頼関係』
    パーソナリティ障害、その対応と応用
    様々な対人トラブルの原因になりやすいパーソナリティ障害の現実と対応法

日本大学商学部在学中に山野美容専門学校夜間部にてダブルスクール。
その後、コーセー化粧品に入社し都内に美容室も開業。会社では教育部門に所属し、
全国の大規模理美容室の従業員教育とその育成、定着に貢献。
日本ロレアル社設立と同時に転籍。
花王のドイツ買収会社ゴールドウエル社、都内大手理美容専門学校を経て
㈱ハピネスに入社。現在も人材育成に力を注いでいる。

パーソナリティ障害とは、日常生活や社会生活に支障をきたすほどに著しく
偏った内的体験(感情の起伏)および行動を持続的に示す状態である。
具体的には、他者から自分を認めてもらいたいという強い気持ちや度を過ぎた
感情的な行動などが挙げられる。
これらの背景には、過剰な自信・自慢、強い劣等感、自己否定や傷つきやすく
過剰に反応しやすいといった状態がある。
そして、人格障害は自己愛の障害とも言える。
パーソナリティ障害は人として考えられないような重大犯罪を引き起こして
しまうこともあり、社会問題となっている。
一方で、歴史上天才と呼ばれた数学者や作家にもパーソナリティ障害を
抱えた人がいた。
パーソナリティ障害への対応としては、本人の自助努力を促す方向にする
ことが重要で、長い時間と努力を要することを覚悟し、目標と限界を
明確にして本来の自分とのつながりを回復することが求められる。

美容業界においてトップスタイリスト300人に「一番自分に欲しい能力は
何ですか?」とアンケートを取ったところ、「感情をコントロールする能力」
と回答した人が最も多かったそうです。
お客様との人間関係や従業員同士の人間関係の難しさに悩んでいる人が
多いことが分かります。

Contact US

お問い合せ件名

セミナー見学セミナー参加見本誌(無料)希望定期購読会員希望正会員希望その他お問い合せ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご住所

メールアドレス (必須)

FAXとふりがなひらがな入れる

お電話番号(携帯可)

FAX番号

お問い合せ内容

内容をなるべく詳しくご記入下さい。例:○月○日のセミナーに参加希望、入会資料を送付希望、取材のお申し込みなど


ご入力された個人情報は、当会の「プライバシーポリシー・個人情報保護について」に基づき取り扱われます。ご同意の上、送信ボタンを押してください。