一般社団法人日本経営人交友会  Japan Association of Management Fellowship

第73回モーニング・ビジネス塾 講師:加藤会計事務所 税理士 加藤吉郎様(かとう よしろう)

Posted in: 未分類 Started by

第73回モーニング・ビジネス塾 講師:加藤会計事務所 税理士 加藤吉郎様(かとう よしろう)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第73回 2月4日(木)
テーマ:『意外と知らない税務調査対策』
     税理士のみならず、経営者も知っておいたほうが良いお話

学卒業後、大手スーパーマーケットに勤務。
その後、税理士養成専門学校の講師経て平成17年に日暮里で加藤会計事務所を開業。
顧客ゼロからスタートして、現在の顧客数は90社を超える。

講演では『意外と知らない税務調査対策』ということで、普段聞くことのできない
大変貴重なお話をお聞かせいただきました。

税務調査の対象となる会社は「ごまかしている会社」「儲かっている会社」では無く
調査に入ったら税金を取れそうな会社。選定においては、100社の中から3社を
ピックアップします。
この時、コンピューターで企業のデータを見るわけですが、前年、前々年と比較して
経費や売上が急激に上がっている(数値で言うと20%以上の変動)会社がピック
アップされる傾向があります。
税務調査の対象となり、「朝、シャッターを開けたら調査官がいた」というような
事があった場合は、「別の日で…」とお帰りいただき、税理士に相談して下さい。
但し、「マルサは怖い」というのは本当で、日本最強の捜査機関である国税局査察部
(マルサ)が捜査令状を持ってきた場合は要注意です。
税務調査の順番は、法(法人税)→ 消(消費税)→ 源(源泉所得税)→ 印(印紙税)
です。調査の際、調査官に「一筆書いて下さい」と言われても書いてはいけません。
それは、税務官自信がなく、自白を求められている可能性が高いからです。

出来れば入って欲しくない税務調査。加藤先生の講演をお聞きして、税務調査に
対する不安が解消されました。

Contact US

お問い合せ件名

セミナー見学セミナー参加見本誌(無料)希望定期購読会員希望正会員希望その他お問い合せ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご住所

メールアドレス (必須)

FAXとふりがなひらがな入れる

お電話番号(携帯可)

FAX番号

お問い合せ内容

内容をなるべく詳しくご記入下さい。例:○月○日のセミナーに参加希望、入会資料を送付希望、取材のお申し込みなど


ご入力された個人情報は、当会の「プライバシーポリシー・個人情報保護について」に基づき取り扱われます。ご同意の上、送信ボタンを押してください。