一般社団法人日本経営人交友会  Japan Association of Management Fellowship

第77回モーニング・ビジネス塾 講師:井口・中城総合法律事務所 弁護士 中城剛志様(なかじょう たけし)

Posted in: 未分類 Started by

第77回モーニング・ビジネス塾 講師:井口・中城総合法律事務所 弁護士 中城剛志様(なかじょう たけし)

2016 4 7 中城先生
テーマ:『中小企業の焦付き防止、上手な回収』
~倒産事案・詐欺事案の裏返し~

平成2年に司法試験に合格し、平成5年に弁護士登録、弁護士としての活動を
はじめる。
平成2年は日本のバブル経済の崩壊が始まった年でもあり、弁護士の仕事内容が
バブル時代と大きく変わりはじめた頃であった。

不況下で活躍する弁護士として、多くの倒産事案や破産事案に携わっておられる
中城先生ですが、講演では、「破産の話は縁起が悪い」ということで、中小企業に
おける焦付きの防止と上手な回収方法についてお話しいただきました。

焦付きや回収不能になる原因は大きく分けて二つあります。
一つは、資金繰りが悪化した、あるいは、倒産したという場合です。
具体的には、売掛金の支払いに遅延が生じたり、売掛金未払いのまま倒産して
しまったりといったケースがあります。
もう一つは、悪徳業者による取り込み詐欺です。
焦付きを防止するためには、取引をしている業者を調べること、
特に資産の調査が重要です。
方法としては、名刺交換だけではなくお互いの会社の登記簿謄本を交換して、
本店所在地、代表者住所を確認し、不動産を持っているか、それが
自己所有かどうかを調査します。
それを見るだけで、その会社の資産のバランスが分かります。
そして、決算書で収入と支出のバランスを見て業績を確認します。
回収を確実にするためには、契約書の作成が重要となります。
継続的取引契約を締結し、契約書の中に保証人を明記すること、
保証人については、普通保証人と連帯保証人の違いを理解し、
必ず連帯保証人とするようにします。

講演の後半では、債務の任意回収についてお話しいただきました。
「債務者はうるさい所から順に支払う」という考え方が基本と
いうことですが、回収する側、回収される側、どちらにも
なりたくないものですね。

Contact US

お問い合せ件名

セミナー見学セミナー参加見本誌(無料)希望定期購読会員希望正会員希望その他お問い合せ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご住所

メールアドレス (必須)

FAXとふりがなひらがな入れる

お電話番号(携帯可)

FAX番号

お問い合せ内容

内容をなるべく詳しくご記入下さい。例:○月○日のセミナーに参加希望、入会資料を送付希望、取材のお申し込みなど


ご入力された個人情報は、当会の「プライバシーポリシー・個人情報保護について」に基づき取り扱われます。ご同意の上、送信ボタンを押してください。