一般社団法人日本経営人交友会  Japan Association of Management Fellowship

第64回モーニング・ビジネス塾 講師 有限会社はとり 代表取締役 羽鳥 勉様(はとり つとむ)

Posted in: グロウアップゼミナール Started by

第64回モーニング・ビジネス塾 講師 有限会社はとり 代表取締役 羽鳥 勉様(はとり つとむ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
テーマ:『きものを学ぶ‐2』 *3月第52回 好評により再び登場!

第52回のモーニング・ビジネス塾に引き続き、日本人が知らない「きもの」のすばらしさと
その歴史、世界に誇れる「きもの」の魅力についてお話しいただきました。

「さて皆さん、着物って何ですか?外国人に聞かれたらどう答えますか?」
講演ではいつもこの質問をされるそうですが、どこの会場でも静まり返ってしまうそうです。
「着物は江戸時代までは小袖と言われていました。小袖とは十二単の下着です。
外国人に“着物って何ですか?”と聞かれたら、このように答えればよいのです。」と講師。
何とも簡単に説明できてしまうのですね。
さて、次のお話しは色について興味深くお話をいただきました。
テレビが無かった昔は、顔だけでは無く、着ているもので身分を認識したそうです。
例えば天皇様の色、皇太子様の色という物があり
それぞれに決まっているそうです。
現在でも宮内庁の園遊会などでは衣服の色に気を遣うそうです。

その他、数多くの貴重な帯・着物をお見せいただき、興味深く拝見いたしました。
講演の最後には、前回のアンコールで絹糸のお話しをいただきました。
一個の繭からとれる1200mの内、両端の200mを除いた真ん中の800mだけが
本物の絹糸となるそうです。

日本の伝統「きもの」。まだまだ奥が深そうです。

Contact US

お問い合せ件名

セミナー見学セミナー参加見本誌(無料)希望定期購読会員希望正会員希望その他お問い合せ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご住所

メールアドレス (必須)

FAXとふりがなひらがな入れる

お電話番号(携帯可)

FAX番号

お問い合せ内容

内容をなるべく詳しくご記入下さい。例:○月○日のセミナーに参加希望、入会資料を送付希望、取材のお申し込みなど


ご入力された個人情報は、当会の「プライバシーポリシー・個人情報保護について」に基づき取り扱われます。ご同意の上、送信ボタンを押してください。